プロフィール
治療について
料金・治療場所
患者さんの声
Q&A
連絡先
Q A
 

ここでは私がいろいろ質問を受ける病気や症状についてお答えしています。

信頼して治療を受けいただくために

往診治療の良さはどんなところですか?

初めての訪問治療をお願いしようと思っています。先生とはいえ、しかし知らない人を家に呼び入れるので何かと心配に思ってしまいますが?桜井先生は今までどういった往診治療の経験をお持ちですか?

先生の治療家のライセンスを証明できますか?

ロンドン以外での治療もしていただけるのですか?


各種保険治療に関して

実際の治療は、どのようなことをするのでしょうか?


通常、何回くらいの治療で歪みは治るのでしょうか


症状が落ち着いても継続治療したほうがいいのですか?


どういった流れで治療が進んでいくのですか(予約までの流れ)?


治療は日本語で行っていただけるのでしょうか?

英国で指圧やマッサージ、アロマセラピーを受けましたが刺激感が違い、いまいち・・・

海外出張が多く時差ぼけで困っています


一日中コンピューターと向き合っている作業で目は疲れるし、肩こりもひどいです


海外は初めてなのですが日本人以外との交流が大変で・・・


ロンドンでの出産、育児中で夜も眠りが悪く大変です

産後の骨盤調整はどのくらいまでに行えば効果が高いのですか?

ロンドンにきて暮らすようになってからイライラしやすくなってきました

昔の鞭打ちの後遺症がたまにまだ痛みが出ます。何とかなりませんか?

ロンドン旅行中ですが無理スケジュールがたたり足がパンパンでつったり、腰の具合が悪くなって・・・

ゴルフをすると、関節が痛む・・・

骨盤調整にはダイエット効果がありますか?

 

   

 

 

 

 

 

 

 

信頼して治療を受けいただくために

治療というものは、その先生のやり方により同じ鍼治療でも、まったく違ったつぼの取り方や、治療理論、流派が存在します。以前鍼をしてもだめだった人が私の鍼治療の時はとてもよく効いてよかったなど、ということが起こるのです。またその逆もあります。 その先生の持っている技術との相性などもあります。 それぞれの先生が経験をつみ、治療中はその先生の最善と思われる治療をしているはずです。

私もまだカリスマと呼ばれるほどではありませんが、 15 年以上の経験を積んでおり自信をもって治療に当たっています。治療を信頼、信じてお任せいただければ更により高い効果を引き出すことが出来ると考えています。そういった輪を広げるためにも、出来るだけご友人からのご紹介などを大事にしています。

そして今まで経験、体験してきた治療の経過や知識や個人的な感想をこう言ったホームページでお伝えすることで、より私の考え方や個性や経験情報などを皆さんに知っていただき共感してくださった方々により信頼していただけるのではないかと思っています。

今後も皆様に治療とホームページを通してメッセージを伝え続けたいと思います。

桜井 照大

メニューに戻る

   
   

往診治療の良さはどんなところですか? 

安心できて、落ち着いたご自宅で本格的治療が受けられる。

お化粧をしない状態で気にせず、ナチュラルな状態で治療が受けられるので、とてもリラックスできます。

ロンドンに来てまだ日も浅く、外出しても迷子になってしまうような方、外出不安の方に。

体調不良で車や電車にも乗れず通院が難しい方や、治療後疲れてしまい動けなくなってしまう方など、体力的に通院が難しい人などに

妊婦さんや産後の体調不良の方に

治療の効果を最大限引き出したい方。治療後すぐ自宅で休めるため、治療の効果を最大限発揮できます。(治療後の眠気などは自律神経が調整されているので、そのまま眠れれば、なおさら治療効果は高まります)

育児で疲労しているお母さんに。日中は育児で子供に手がかかり、外出することの出来ないママさん及びそのグループに皆さんに喜ばれています。

現在往診治療は原則中止しております。しかし状況により対応する場合があります。メールにてご連絡ください。

メニューに戻る

   
   

初めての訪問治療をお願いしようと思っています。先生とはいえ、しかし知らない人を家に呼び入れるので何かと心配に思ってしまいますが?桜井先生は今までどういった往診治療の経験をお持ちですか?

他人を自宅に呼ぶときは、家を掃除して片付けないと思ってしまう方(通常体調不良で困っている方のおうちというのは、掃除に手が回らないものです。過去、認知症(痴呆)でトイレの失敗をしてしまう方のおうちにもお伺いしたことがあります。各ご家庭にはそれぞれの事情があります。理解しております。)

家の中の事を他の人に話されたくない。(治療家の桜井は日本でも治療院や病院での勤務経験から職業的に訓練された治療家です。守秘義務がございます。ご安心下さい。)

現在往診治療は原則中止しております。しかし状況により対応する場合があります。メールにてご連絡ください。

メニューに戻る

   
   

先生の治療家のライセンスを証明できますか?

初めて会う人なので治療に不安がある。(セラピストの桜井はウェストミンスターに登録された鍼灸師です。公に治療を認められています。心配事がありましたら、カウンシルに確認していただけます。)

治療を受けるのに先生本人かどうかの確認が出来ないので心配です。

(常時ウェストミンスターの登録ライセンスカード(写真付)を持ち歩いているので証明できます。)

メニューに戻る

   
   

ロンドン以外での治療もしていただけるのですか?

日本にも年に数回帰国していますので、そのときに出張治療をしております。

ヨーロッパにも出張に出向くことがあります。何人かのグループになれば旅費と宿泊施設の相談により受け付けます。

日本での治療予約はE-mailでのやり取りとなります。

メニューに戻る

   
   

各種保険治療に関して

鍼および・マッサージが保険治療で可能なものは、各保険会社の約款で記載されている場合に可能です。加入保険会社にご確認ください。通常約款には医師の同意書が必要と記載されています。怪我や疾病の治療後に残る痛みなどがある場合は診察時、医師に鍼治療やマッサージ治療の指示や同意が記載された「診断書」及び「同意書」を作成してもらい一緒に保険会社または会社内担当者に提出ください。(保険申請に関しては、医師の同意書があっても、療養費支払い金額が全額戻るとは限りません。また初診から治療期間が180日までと制限されているものがほとんどです。確実に支払われるとは限りませんので十分ご注意ください。)

また、日本での国民健康保険には「海外療養費制度」というのがあります。
海外で受診したときには、診療内容明細書、領収明細書と、その翻訳文(翻訳者の住所、名前も記載)を国保の窓口に提出すると、国内での保険医療機関で給付される場合を標準とした金額(実際の金額が低いときには実費額、実際の金額が高いときは日本国内と滞在国の物価指数を計算したものを日本の適正金額と見合わせたもの)から、一部負担金を差し引いた額が払い戻されます。(日本での適正額とロンドンでの治療費には大きな差があります。日本での鍼治療は一回の治療費が1500円程度と判断されているようです。2007年情報)

メニューに戻る

   
   

実際の治療は、どのようなことをするのでしょうか?

まず問診と体型のチェックをします。あなたの癖・弱い部分を調べ、評価し、調整すべき箇所を見極めて調整に入ります。調整は身体の動きのバランス(左右差)等を確認しながら進めていくので、自分の体がどのように変化してゆくのか実感する事ができます。

初回の治療
施術の最初は体の硬さを調べる検査から入ります。訴えによっては東洋医学的な診察法「脈診」「腹診」を行います。基本的に手のみ使います。鍼が必要な時はあらかじめご本人の鍼への恐怖心、受け入れ態勢を考慮して相談いたします。特に必要のない限り鍼治療を強く勧めることはありません。

調整や均整、矯正は手だけを使い、歪んでいる関節部位に、動かしていい方向にだけ力を加えます。無理な方向に強く力を加えるようなことはありませんので、ご安心下さい。

また、私の治療は外傷などを直接回復させるものではありません。例えば、骨折、脱臼、捻挫、打撲など器質的な異常は私の分野ではありませんが、外傷以外の痛みに関係する要素(関節機能異常や血行不良、神経過敏など痛みを増幅する因子)があればその部分に対しては治療可能です。初期の障害の「回復」や障害の「予防」が私の分野です。ただ、外傷が骨格の歪みから起こっていることも考えられるので、障害の再発予防としても有効かと考えます。

メニューに戻る

   
   

通常、何回くらいの治療で歪みは治るのでしょうか。

症状は個人の体質によってさまざまで一概に申し上げられませんが、一般的な苦痛や不快感はほとんどの方が初回で症状が軽くなった、良くなった、変化がわかると実感されます。反応の遅い方でも 4 〜 5 回くらいの治療で変化を感じられるようです。

自律神経の機能低下や内臓疾患、長期的な慢性的症状をお持ちの方は体調の変化に気が付くのに3ヶ月から6ヶ月の期間かかることがあります。個人差はもちろんありますが体の歪みは安定するまで継続治療が重要です。

症状にもよりますが、最初は週1回〜2回、症状が落ち着けば、月 2 回から月 1 回と間隔をあけてゆき、最終的には症状のつらくなった時だけや無理して失敗したり、急に痛くなってしまったときにだけ治療に来るようになると思います。また、急性疾患は症状によりますが、症状がひどい場合は毎日続け 2 〜 3 回行う方がいいでしょう。

メニューに戻る

   
   

症状が落ち着いても継続治療したほうがいいのですか?

症状が落ち着いてもフォローアップのため定期にメンテナンス的に通われることをお勧めしています。メンテナンス的というのは、症状が戻るペースに合わせてという意味です。その理由は運動不足や暴飲暴食、ストレスによる緊張や寝不足、偏った座り方や寝方などの生活習慣が、体が歪む大きな原因であるといわれていますが、それだけでなくもっと大きな原因は、イライラが続くこと・恐怖や不安が長引くことなどは脳にストレスを与えてしまうことにあります。神経も反復刺激が多くなるとまた、緊張や痛みを記憶してしまうことがあります。

ヒトは日々老化しています。老化することは、どんなケアをしても止めることができません。本人の体力に合った適度な運動や気持ちをリラックスさせ穏やかな日々を過ごす工夫をすること、腹八分目にするなどの気を使う方法は注意できることです。

健康になり忙しい日々を送っている人ほど自分自身の体のことに振り返る時間がありませんが定期的な治療計画を立てておけば老化以上に早く身体が傷むことはありません。健康であっても身体が硬くなったとか力が弱くなったなどと感じた程度で治療を受けておけばそこからまた健康を高めることができます。体力にまだ自信のない人は月に 1 回から 2 〜 3 ヶ月に 1 回程度の定期治療をお勧めします。

メニューに戻る

   
   

どういった流れで治療が進んでいくのですか?リラックスを中心とした治療もお願いできますか? これから初めてお電話しようと思っています。

私の治療技術も出張治療クリニックもロンドンで始まったばかりです。皆さんもいろいろ分からないことが多く信用できるのかどうか?疑心暗鬼になっている方もおおいと思います。

薬を使わないで治療する関節やツボ刺激、鍼による疼痛治療する技術です。いろいろな経験を積んできた技術なので「桜井式」とでも呼びましょうか?でも皆さんのご希望、期待にこたえられる治療は一通りできると確信しています。もちろんリラクゼーションを心がけた治療もいたします。

出張治療の性格上、私も良く「出張治療マッサージさん」と呼ばれることも多々あります。どうぞご自由にお呼びください。私もいろいろな経験を積んでこの業界におりますので、いろいろなすれ違いや勘違いも心得ております。 治療後の効果を感じてみてください。「痛みの治療」「自律神経の治療」

予防治療とは疲労回復の治療も含みます。遠慮なさらずにご連絡下さい。出来るだけ苦痛症状で悩んでいる方を診ていきたいと思っていますが、先に予約を頂いた方を優先して治療させていただいています。できるだけ「症状が重くなる前」、「痛む前」の、予防治療をお勧めします。

治療の方法はステップ 1 〜 4 のようになっています。出張治療の性格上、疲労回復を目的とした、「リラクゼーション治療」も提供しております。その場合カルテ、検査分析は必要ありませんので、予約の際、もしくは治療の始まる前にお伝え下さい。しかし出来ることなら初回時は検査や問診により、いろいろな体の歪みを見つけることが出来るので、お任せいただければ幸いです。

予約までの流れ

ステップ1
まずお電話で予約を入れてください。通常は脊柱・骨盤調整治療が中心になります。その際質問があればお気軽にお尋ね下さい。他の治療を試してみたいとか、鍼治療だけがしたいなど、の要望ははじめからお伝えいただければ幸いです。

ステップ2
初めての方は最初にカルテに症状等を記入していただきます。(こちらのホームページから予診表カルテをプリントアウトして事前に記入いただければ。時間のロスをなくすことが出来ます。)

その後、問診と評価へ入ります。ここであなたのどこが問題なのか細かく見極めます。

ステップ3
手技による調整はいたってソフトで無痛です。ボキボキと言う無理な調整はいたしません。症状は同じでもその原因は人により様々です。その人に適した方法で調整していきます。状況により鍼やお灸を使うこともありますが、問診時に確認します。もし鍼灸の興味があれば先にお伝え下さい。

ステップ4
調整後、検査時の不具合が消失または軽減したことを確認して調整を終わります。※調整後には現在の身体の状態や、これからの日常生活の注意、今後の見通しや、次回の予約の予定などの案内などもお伝えいたします。また自宅で出来る簡単な体操なども指導しております。

メニューに戻る

   
   

治療は日本語で行っていただけるのでしょうか?

もちろんです、私は日本での治療経験を積んだ日本人です。私も英語は苦手です。

GPなど現地のクリニックでの診察は通常英語での説明になります。となると十分満足できる説明が得られないことも多いかと思います。私の治療経験は 10 年間は日本で積んできたものです。いろいろ会話をして情報交換をしながら治療をしたり、ぐっすりお休みしていただいたの状態の中でのリラックスした治療も致しております。

メニューに戻る

   
   

英国で指圧やマッサージ、アロマセラピーを受けましたが刺激感が違い、いまいち満足できません。日本で受けていたような指圧、マッサージ治療と思ってよろしいのでしょうか?

ロンドンにはたくさんの日本人の方々が生活しているものの、健康面での心配事、あるいは西洋的アプローチでは対応が難しい強烈な肩こりなどの病的疾患などで、体調不良のお悩みの方も多いことかと思います。また、日本では当たり前のように受けられた日本式の指圧やマッサージなど「急所」や「つぼ」を心得た治療も、ロンドンではソフトなタッチの軽やかな治療になり私もロンドンでの治療を受けた時は撫でられているようでスッキリした気がしませんでした。そんな治療を受けた経験はあります。ロンドンでは過去 5 年間そういった皆さんの不満を理解したうえで治療に当たってきました。私の治療は日本の指圧やマッサージの技術を混ぜてありますが、関節にアプローチをするのが特徴です。十分ご要望にお答えする治療は提供できると思っております。

メニューに戻る

   
   

海外出張が多く時差ぼけで困っています。

出張の多いビジネスマンも「過労」や「時差ぼけ」「ストレス」などで、慢性的な体調不良で、肩こりや、睡眠障害に悩まされていることと思います。眠りたくても眠れない、昼間に眠くなってしまうなどに無理をしておきているので身体が凝ってしまうことなどは、身体をゆっくりほぐす治療を行うことで、時差ぼけの解消につながるツボ治療は効果があります。効果の出にくい人は手指鍼での刺激で目が飛び出るほどの刺激で自律神経を刺激してみましょう。

メニューに戻る

   
   

一日中コンピューターと向き合っている作業も多く、目は疲れるし、肩こりもひどいです。

最近のコンピューター作業では眼精疲労など、目の疲れによる頭痛や頸部凝りなど、 PC 作業による不快感が体調全般を不活発にしている状況があります。だいたい 2 時間以上のコンピューター作業は眼精疲労、筋肉疲労の原因となります。そのような方には、その後 30 分から 60 分おきにデスクから立ち上がって背伸びをしたり、頸や肩や腰やアキレス腱を伸ばしてください。一度全身の筋肉にストレッチ刺激が行われると自律神経の機能の亢進にも役立ちます。またそれでも取れない場合、疲れすぎた頸部筋肉の治療や頭の治療、目の周辺の緊張を取るツボ治療やお勧めです。凝りを取るだけでなく、頚椎や脊椎を矯正して凝りに強い姿勢に整えていきく脊柱調整整体もお勧めです。

メニューに戻る

   
   

海外は初めてなのですが日本人以外との交流が大変で文化の理解に慣れるまでが大変です。家族みんなストレスが溜まっています。

慣れない海外での生活で緊張するお母さん。ストレスや、お子様の送迎などで時間が拘束されてしまう状況など、体調不良があっても「治療に行きたいが都合がつかない」「外に出るのもつらい、車が運転できない、などで治療に行くけない」「子供の面倒をみるのに時間を取られてしまって治療にいけない」という方も多いのではないでしょうか。そのような方々のためにも、体調不良の原因や、症状の改善のための日常生活で出来るストレッチのなどのアドバイスも混ぜた治療を行なっています。知らないことが多すぎるので不安が高まり緊張の過剰によるストレスがあるのです。

そんな時もイギリスの話をしながらリラックスをする治療をすることでいろいろな心の準備が出来ることでしょう。

メニューに戻る

   
   

ロンドンでの出産、育児中で夜も眠りが悪く大変です

育児中のご両親は特に子供を連れたままでの治療に行くことが出来ずに困っていることと思います。育児中のお母さんは特に治療が必要です。出産後の [ 骨盤不安定症 ] や産後のホルモン分泌停滞による「産後うつ」症状、手の使いすぎによる「腱鞘炎」、寝不足や過労、頻繁の手洗いでの「手荒れ」なども免疫力の低下の現れです。そんな疲労を解消する暇無く子供は成長してきます。お父さんも慣れない長時間の抱っこでの「肩こり」や「ぎっくり腰」、普段鍛えていない筋肉や関節に負担をかけることにより、ますます疲弊疲労してしまう肩や腰の筋肉、その後起こる、痛みなどの症状はお子さんが大きく成長するほど大変になってくるものです。このような症状は経験のあるセラピストの治療やアドバイスが必要です。専門家の出張治療ですので、安心してご自宅で治療を受けることが出来ます。ご自宅での治療ですので、泣いているお子様がそばにいても、他の方への迷惑になりませんのでご安心下さい。また、お子様には「夜泣き」「疳の虫」を押さえるツボ治療もありますのでお試し下さい。

メニューに戻る

   
   

産後の骨盤調整はどのくらいまでに行えば効果が高いのですか?

産後の骨盤調整は、まず産後1ヶ月以内と3ヶ月以内、6ヶ月以内で骨盤の歪み整えると、産後の腰痛予防に役立ちます。1年を過ぎても諦めることはありません。出産前や出産後の骨盤の状態、体調などにより治療にかける回数が変わってきます。通常2から3回で腰痛予防効果が高まります。

メニューに戻る

   
   

ロンドンにきて暮らすようになってからイライラしやすくなってきました。なぜでしょう?

ぐずついた天気で日照不足のロンドン、満足いかないロンドンの住宅状況、不自由な英語で起こるコミュニケーション不足から起こるストレスなど、イギリスでは知らず知らずのうちに溜まるストレスなどで、自律神経の変調や不安定、精神的イライラ、落ち込みやすさ、など、気が付かないうちに蓄積された「気の張り」や「緊張感」「凝り」などがあります。そういったコンデションは精神的に鬱々し易くなる環境に追い込まれてしまうこともあります。そんな時はツボ治療での刺激で神経活性効果を引き出し、身体の歪みを取り除く関節調整治療がお勧めです。もっとスッキリリラックスして英国ライフをエンジョイしましょう。

メニューに戻る

   
   

昔の鞭打ちの後遺症がたまにまだ痛みが出ます。何とかなりませんか?

鞭打ち症候群や、ヘルニア症候群、ギックリ腰などの関節や筋肉にダメージが残る持病がある方は、定期的な治療での予防を心がけておかないと、年齢と共に症状が悪化する傾向があります。普段から症状を悪くさせないように、運動や筋トレーニングを心がけておけば不快症状を抑えることが出来ますが、何もしないでいるといつしか症状が悪化してしまいます。また、過剰なエクササイズも疲労や怪我の原因となることがあります。運動不足の方で体や関節が硬くなったなと感じたら、事前に、フィジカルチェックをしてからの運動開始をお勧めします。脊柱‐骨盤にアプローチする治療では関節の硬さや筋肉の硬さをチェックし症状を緩和することが出来ますので古傷があっても心配せずにお気軽にお問い合わせ下さい。

メニューに戻る

   
   

ロンドン旅行中ですが無理スケジュールがたたり足がパンパンでつったり、腰の具合が悪くなってしまい、腰が伸びなくなってしまいました。どうしたらいいでしょう?

旅行中のタイトなスケジュールで起こる疲労性の疾患「腰重痛」や「膝の痛み、膝くずれ」「歩きすぎによるふくらはぎの痙攣」などせっかくの楽しみが台無しになってしまいます。そんな方には、骨盤の歪みを調整し、下肢の神経負担を減らし血行をよくする調整治療がお勧めです。もともと大きな持病が無ければ疲労による問題と考えられますので、まず入浴後をしてみて回復しないようならば骨盤調整やツボ治療で改善することができます。

メニューに戻る

   
   

ゴルフをすると、関節が痛むことがあります。

ゴルフをされる方も、ゴルフ肘、頸部筋違い、腰の捻りによる痛みなど使いすぎによる症状と、運動不足解消のため久しぶりのゴルフで身体を痛めてしまう方が多くいます。「足がつったり」「ピキッ」「ギクッ」と来たらその後は無理せずまずご連絡下さい。最初の処置も冷やすか、温めるかの違いによりその後の治り方が違います。出来るだけ早い治療が関節内の無理な負担を減らすので症状の悪化を防ぎます。

メニューに戻る

   
   

骨盤調整にはダイエット効果がありますか?

骨盤調整は歪みを整え「痛み」を予防する目的で治療を行います。しかし治療後に思わぬ副作用として、歪んだ骨盤が元に戻るとき元来のウエストサイズが一回り小さくなったり、体重減少が急に起こることがあります。特に産後の女性に多く見られます。これらの効果は私が狙っているものではなく、治療後の患者さんからその後の話としてよく聞かされることによりわかりました。出産後の骨盤部の靭帯を緩め事により、ウエストサイズが変わったり、また骨盤部には副交感神経の集まる場所があるので筋肉や靭帯の過剰な締め付けが、解消されることでリラックス機能や代謝が高まることが体重減少につながるのかもしれません。結局のところ、その人のバランスの取れた骨盤の安定した状態が自然と体型を健康的な状態としてスリムな体型にしてくれるのだと思います。

メニューに戻る