プロフィール
治療について
料金・治療場所
患者さんの声
Q&A
連絡先
症例報告 - 症状についてのアドバイス
 

全ての症状が患者の皆さんに必ず当てはまるとは限りません。
治療は特に各個人の体質によってさまざまなバリエーションを加えます。
我慢強い人、敏感な人、神経質な人など、それぞれの違ったタイプの人が存在します。
治療は個人の体質、その時の状況に合わせて変化します。
治療は怖くありません。ぜひ一度、治療を受けてみてください。

 

ぎっくり腰
腰痛の例
椎間板ヘルニア
頭痛
寝違い
鞭打ち
肩こり
坐骨神経痛
肋間神経痛
関節炎及びリウマチ
生理痛
アトピー性皮膚炎
夜尿症(おねしょ)
四十、五十肩(肩関節周囲炎)
精神的、心理学的問題
つわりの治療について
逆子の治療について

   

 

 

 

 

 

 

 

ぎっくり腰

テレビ台を動かそうとして、前かがみになって持ち上げようとしたら、腰がギクッとし、その直後から動けなくなったギックリ腰が3回の治療で治った例。

この方は、以前からぎっくり腰経験があり、骨盤の歪みのあるタイプだったようです。骨盤部の熱感がなく、痛み出してから 8 時間以内に治療を受けてくれたので、比較的治療効果が早く出ました。骨盤に歪みと背中の緊張足の疲れをとるように毎日治療しました。治療のたびに腰の痛みが半減して4日目にはほとんど痛みが取れました。

本棚の整理をしていて本を何冊かまとめて背伸びをして持ち上げようとしてギックリ腰(背中)になった例。

この方は発症直後 2 時間以内と、すぐに治療に来ていただいたので炎症感がほとんど出ていなく、脊柱と骨盤の歪みによる痛みだけだったので 1 回の治療で90%以上治ってしまいました。患者さんも本当にびっくりしていましたが、私の経験からすると十分治せると自信はありました。腰をギックリしてから 2 時間以内の治療は私も「自分はギックリ名人」ではないかと思うほど治療効果が良いです。ギックリ腰に伴う、炎症というものは時間が経つにつれて大きくなっていき、リンパの腫れや炎症物が溜まってしまうと、それが落ち着くまで時間がかかってしまうようです。 8 時間〜 24 時間までが腫れの増える時間のようです。その後は徐々に落ちついていきますが、ピークまで腫れが出てしまうと、その後の治る時間にも差が出ます。

ギックリ腰といっても、筋々膜性の腰痛、椎間関節の炎症による腰痛、椎間板ヘルニアによる腰痛、骨盤の歪みによる腰痛、内科の問題による関連腰痛、などがあります。どういったタイプの腰痛かを、鑑別診断して治療に当たります。主にギックリ腰の発症の背景には、過労による筋緊張や、風邪や体調不良による関節部における炎症が考えられます。過去何度かギックリ腰をしていて癖になっているタイプの腰痛は骨盤調整によりギックリ腰を予防する効果があります。また慢性的な腰痛で血行不良がよりひどい方は鍼を使った治療を併用したほうが、より鎮痛効果を長く安定させてくれるようです。この場合は鍼の刺激が気持ちいいと感じるようでより効果が高いです。

メニューに戻る

   
   

腰痛の例

仕事が本当に忙しく、週末しかロンドンに帰れない状態の方が、ヨーロッパの出張先のやわらかいベッドで寝て、朝起きたら腰が痛くなっていた方が、そのまま無理して出張移動を続けていたら動くたびにどんどん痛みがひどくなっていった例

この方は我慢強い方で痛みを気力で押さえ込むタイプの人だっただけに、かえって炎症をひどくさせ、炎症が骨盤関節内にまで及んでいたようです。そのような骨盤を調整すると、その炎症や腫れが刺激され治療後 24 時間から 48 時間の間は痛みがぶり返してきてつらくなってしまうこともあります。休養が大事なのですがそう休んでもいられません。その上仕事が忙しく、ヨーロッパへの出張が毎日続いていたため、腰痛治療もコンスタントに続けられませんでした。そのため最初の頃は症状がなかなか落ち着かなかったのですが、毎週出張から帰ってくるたびに週 1 回程度の治療を 4 回続けその後は確実に炎症が減ってくるのでその後 2 週間に 1 回程度の治療を 4 回続け 3 ヶ月過ぎた頃にほとんど痛みが消え、やわらかいベッドで寝ていても痛みが出ないようになってきました。でも寝る前には出来るだけ入浴して腰 15 分程度よく温めるような工夫を続けているとよりよいでしょう。

メニューに戻る

   
   

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは特に腰椎の 4 番目 5 番目、仙骨の 1 番目の間で起こる椎間板の圧迫、脱出による脊髄刺激による痛みが多いようです。

私たちが注意しなくてはいけないことに急性の腰痛椎間板ヘルニアで処置を誤ったために下半身麻痺や下半身不随を起こしかねない症状があります。痛みが我慢出来る程度は人によって違いますが、我慢できるほど症状を悪化させる恐れがあります。以前腰痛を我慢していた人が自宅で動けなくなり、ただひたすら回復を持っていましたが、まったく痛みが治まる気配が無く、ついに下半身の麻痺と、おしっこと大便の我慢が出来なくなり、垂れ流すようになってしまった、という方から連絡を受けたことがあります。しかしこのような症状が出てしまったら私たち治療家の出る幕ではなく、一刻も早く救急車を呼び、手術が必要な時があります。この方はまさに一刻を争う状況ですぐに手術を行うことになったそうです。この方は幸い下半身麻痺は免れたそうですが、長いリハビリ生活を続けることになりました。我慢し続けることも気をつけなくてはなりません。

我々が治療できるタイプの椎間板ヘルニアは、主に軽度のものや、ヘルニア手術後で腰椎や骨盤の緊張が残っているものが効果的かと思われます。またヘルニアと診断されても骨盤部分の緊張が強い方は骨盤調整により痛みを改善することが十分可能です。またツボには炎症を抑える効果もありますし、血行不良の状態を改善させることも可能です。経験のある先生に十分チェックしてもらってから治療すれば怖いことはありません。

メニューに戻る

   
   

頭痛

頭痛は疲労によって出るタイプに人や、寒冷刺激によって発症する人、慢性の偏頭痛もち、三叉神経痛の一部としてでる人、脳内出血や梗塞によっておこる頭痛などさまざまです。吐き気や嘔吐が混ざる頭痛はすぐに検査をする必要があります。また、慢性的な頭痛で頸部の凝りがひどくなることによって出現するものは鍼治療やツボ刺激で頸部の治療をすると痛みを改善することができます。目の疲れや、考えすぎなどでも緊張により頭痛が出ますので、目の周りや、頭のツボ刺激で効果が上がります。

メニューに戻る

   
   

寝違い

夜中に変な格好で寝ていたらそのまま、頸が固まって動かなくなっていた例。

この方は頸部から肩、背中にかけて血行が悪くなっていたようです、たまたま変な格好をしていたら、寝ている間の冷えか、睡眠不足による緊張や、場合によっては先日の行った運動などの使いすぎで頸部の筋肉に血行不良が起こり、そのまま筋肉が凝り固まってしまっていたようです。この方の場合は痛みのある頸部よりも肩や背中での筋肉の緊張が多く痛みをより大きくしていました。肩と背骨の関節の調整と筋緊張とる鍼刺激をしたらジワーという響きにより緊張が抜けていき、その場で 7 割程度治ってしまいました。頸部の問題は慎重に診た方がいいので用心して毎日 3 回ほど続けましたが、最初の治療がとてもよく効いたので 2 日目にすでにほとんど痛みが無くなっていたため、他の部位の凝りや張りを中心にが残り 2 回の治療は肩や背中のコリを取る治療を中心に行いました。

この例は治療が良く効いたほうですが、頸部の症状の場合は筋肉にどういった緊張や炎症、歪みがあるかを見極めなくてはなりません。

通常は温めたタオルを痛む部分に 20 分間置いておくと楽になることがありますが。使いすぎによる軽度の炎症があった場合はアイスパックとの併用による血流改善を行うのが効果的です。温めて、落ち着いてきたら氷枕で冷やす。冷えが感じてきて寒くなってきたらもう一度冷やす。 5 分から 15 分程度交互に冷やす、温めるのを繰り返し、頸の痛みが少しでもやわらげればその後の回復速度が違います。しかしそれを行っても痛みの変化が無い場合や、 2 日目になっても痛みが取れない場合は、首にある斜角筋や胸鎖乳突筋の炎症、また頸椎椎間関節の炎症、肋椎関節の炎症などが原因の場合もありますもあります。我々のような治療専門家に見てもらい治療してもらったほうがその後の癖も残しにくく効果的です。また骨盤の歪みにより筋肉の緊張が肩や頸部にまで出てしまう人がいますのでそちらもチェックしておくのが効果的です。

メニューに戻る

   
   

鞭打ち

よく交通事故の時に発生する症状ですが、ラグビーのタックルなどの激しいスポーツなどでも発症することがあります。

私が見た例では初期の治療をよく行っていなかった人は慢性的な苦痛や不快感を多く残すことが多くみられました。最近分かってきたことですが、鞭打ちの損傷が関節や筋肉ではなく脳脊髄液の漏出によって慢性的な痛みが継続している例もあるようです。特に交通事故などで被害にあった人などは事故後の処理や人間同士の対応や経過で長期にわたって精神的にもストレスが増えますので気をつけなければなりません。やはり事故直後よりも後になって症状が出てくることが多いので、最初は痛みが出ていなくても用心して治療しておくことが賢明かと思います。私の治療例では慢性期の症状を見ることが多いのですが今までの経過の中で一番痛みが楽になったところまでは治療可能と考えています。しかし損傷して傷口が残ってしまうのと同様に筋肉の中でも損傷後の傷が血行不良を起こしやすくなったり、血行不良が神経への過剰な刺激として季節の変わり目や、過労時に不快感として現れることがある人が多いようです。そういった時期はあらかじめ

注意して予防の治療をしておくと痛みが大きくならずに済んでいます。

鞭打ち症患者支援協会ホームページ:http://www.npo-aswp.org

メニューに戻る

   
   

肩こり

肩こりといっても、どの筋肉に凝りが出るのか(首、頸部、肩、背骨、腕側など)や、頚椎の関節などからの障害で凝りが出るのか、神経の過敏状態や損傷や麻痺で凝りが出るのか、内臓からの影響で凝りがでるなどさまざまです。 1 度や 2 度の治療で治ってしまう肩こりは治療以外にも運動をすることでよくなってしまうものもありますが、慢性的な肩こりは経過を見ながらどこの問題が一番多いのかを見極めて治療する必要があります。

メニューに戻る

   
   

坐骨神経痛

よくギックリ腰や腰痛の後臀部から腿の外側、脛、ふくらはぎ、踵、つま先にかけて痛みとシビレがでるものがあります。この症状は腰椎椎間板ヘルニアの前期症状として出現するものと、疲労により腰部、骨盤部、臀部の筋肉の血行不良が原因となって発症するものまでいくつかのタイプに分かれます。ヘルニアの前期症状が混ざっているかは検査によってある程度鑑別できますが、症状の強いものはやはり CT スキャンや MRI 検査などによって画像診断することをお勧めします。

シビレや痛みがあっても仕事や日常生活が可能なものは私の治療範囲になります。骨盤の歪みや、坐骨神経の障害がストレスや疲労によって増悪するものがあります。歩ける症状なら一度ご相談ください。

メニューに戻る

   
   

肋間神経痛

仕事中や、勉強中などに急に胸部の痛みが出て不安になり仕事に影響が出て困ってしまう事があります。こう言った場合はまず、一度専門の先生に診てもらう必要がありますが、その後特に問題が無ければ、肋間神経痛による胸部痛ということがあります。この場合は背中のツボ刺激や肋骨と胸部脊柱の関節の治療が効果あります。往々にして背景に過労や精神的なストレス、緊張があったりするのでそういった生活習慣を整えることにも注意してください。

メニューに戻る

   
   

関節炎及びリウマチ

関節炎やリウマチの症状は慢性的で、しつこく、非常にストレスになり大変です。でも症状を改善することは可能です。特に鍼治療には硬くこわばった関節を緩める効果がありますので一度お試し下さい。鍼が怖い方でもツボを刺激する方法や関節を緩める治療ができますのでご相談下さい。

メニューに戻る

   
   

生理痛

一般的には腹部の痛みや腰痛として不快かんじる感人が多いようです。生理というのは卵子の破壊を刺激するホルモンが分泌され卵子が壊されるので当然骨盤内で痛みや不快が出るものです。またその時、子宮内には?血が溜まるといって血行の良くない状態になっていますので冷え性の人や栄養状態が悪い人ではより症状が重くなることがあります。

更に、女性生理には周期には合わせて、体調の自律神経バランスやホルモンバランスが影響しています。肉体的な体調や、精神的な調子、表面的な体調も美しい肌も、トラブル肌も、すべてこのホルモンバランスに大きく影響されているのです。生理後次の排卵着まで分泌されるエストロゲンは、女性らしい美しさを作り体調を持ち上げるホルモン。逆に、排卵後の高温期に多く分泌されるプロゲステロンというホルモンは、皮脂を過剰に分泌させるので、皮膚の問題が発生したり、生理活動によって卵子が壊されようとしたりして骨盤内神経の緊張を高め、全身的なだるさや腰部の痛みを増加させます。鍼治療や骨盤調整を生理周期にあわせ治療計画するとより体調不良をより効果的に治療できます。

生理痛のひどい人には生理前一週間前からお腹を冷やさないようにして注意すること、腰や骨盤部の緊張を緩めるようなストレッチ、関節の調整やツボ刺激を行うと生理痛の負担が軽くなります。また、排卵日の頃にも骨盤内緊張がおきやすいので骨盤の調整やツボ刺激がその後の生理の痛みに有効です。

メニューに戻る

   
   

アトピー性皮膚炎

最近の多くの子供はアトピー性皮膚炎など幼児の頃からアレルギーで悩まされています。現代社会の公害問題や、環境の変化、ストレスなどが増えていくばかりで環境は改善されていません。となると、まったくの無垢の赤ん坊が大人に成長までにはたくさんのアレルゲンの刺激に慣れていかなくてはならないのです。アレルギーはある程度避けられない病気ですが、子供の頃から、皮膚を刺激したり、活発に運動することにより免疫力や抵抗力を高めることが可能です。またアトピー性皮膚炎が発症してもステロイドの使いすぎに注意しながら治療を続ければアトピー性皮膚炎も改善できるものです。ツボ刺激などで症状を緩和し抵抗力を付けさせる習慣も大切です。

メニューに戻る

   
   

夜尿症(おねしょ)

子供のおねしょは年齢と共に治ってくるものですが、時には中学生になってもおねしょで困ってしまう子もいます。寝る 2 時間前からの水分の取りすぎを調整するだけでもずいぶん改善する子もいます。しかしおねしょをすることで臆病や神経質になってしまったりすることで緊張が高まるとまた尿意が高まってしまうという悪循環が生まれることがあります。こう言った症状には夜尿症に効果のあるツボ刺激で緊張を取りのぞいてあげましょう。

メニューに戻る

   
   

四十、五十肩(肩関節周囲炎)

肩が急に上がらなくなって痛い、頭が洗えない、エプロンの紐が結べない、髪の毛をブラシ出来ない、シャツを着るのが大変といった症状が自然に出てきた場合は年齢にもよりますが四十肩と考えていいと思います。

年齢が増すと同時に血行力が下がり、筋肉や関節の疲労がたまりやすくなってくると使い過ぎでの炎症や乳酸がそのまま筋肉や関節に内に残ってしまい痛みと関節の運動制限が長い間残ってしまいます。場合によっては筋肉内に石灰化といってカルシウム沈着が起こり、筋肉や腱の伸び縮みが制限されて炎症が起こりやすくなってしまいます。レントゲンによってこの症状は確認できるので、一度整形外科の先生に診てもらうといいでしょう。症状によっては、痛み止めの注射やお薬や抗炎症作用のあるお薬を使うのが有効です。しかしお薬によっても効果のでないものやアレルギーのある人、またできるだけ早く治したいという人には鍼治療や関節の運動治療の併用をお勧めします。本来持っている血行力を高め関節の緊張を緩めることで痛みも緩和しますので、より自然な回復を期待できます。

メニューに戻る

   
   

精神的、心理学的問題

心の病気
事故というのはまさにアクシデントなのでどういった症状が残るかはその人の運にもよります。友人とのスキーの帰り後ろ席で寝ていて眠りから覚め、気がついたら大破していた車の中でかすり傷一つ追わず無事だった人もいれば、病院で足を切断した後に目覚めた人や、隣の友人が脳挫傷で植物人間のようになってしまったり、信号無視のスピード超過の車にぶつけられ、そのまま帰らぬ人となった方もいます。このように事故にはいろいろなケースがあり運不運もあります。また被害に合った人は精神的不安から車に乗れなくなったり、不眠や恐怖に縛られてしまう人もいます。そういった場合は精神的なアプローチをする必要もあるので心の分析の専門家を訪ねる必要があります。それ以外で私は緊張を取ること、リラックスさせること、癒すことを中心とした治療を心がけますので何なりと相談下さい。

鬱症
ロンドン滞在での生活の変化や、気候の変化、ストレスで鬱の症状に悩まされる人も多いようですがツボ刺激やりラクゼーション、日本語での会話がそういった精神的落ち込みを救ってくれることがあります。心の問題は専門的な知識が必要ですが、皮膚に行うツボ刺激は緊張をほぐし脳を活性化してくれる力があります。東洋医学には心と身体をひとつとして考える治療体系があり、心の病のツボもあります。一度治療を受けてみて感じてください。

メニューに戻る

   
   

つわりの治療について
 
妊娠初期のつわりの症状は大変つらいものです。 つわりの症状は、首や骨盤に出現する凝りからも悪化します。 桜井の治療では、この凝りの症状をつわりの「増幅現象」、「交感神経機能亢進」の状態として捉え、自律神経機能を調整する治療をします。初回の治療でつわり感が緩和するものであれば、その後も治療のたびに改善していくのが多いです。 通常20週ぐらいまでの治療が目安になります。

つわりの状態にもよりますが、一般に症状が5〜7割は楽になっているようです。しかし症状によりつわりの治療が不向きと思われる方もいますので、初診時の問診で適応、不適応を確認します。また、産婦人科より鍼マッサージが不適応と判断された場合も残念ながら治療できません。 一般にマッサージの触られる治療が苦手な方、人見知りなど、治療を受けていて緊張してしまう方効果が出にくい傾向があります。

メニューに戻る

   
   

逆子の治療について
 
お灸治療のひとつに「逆子のお灸」があります。足の第五指にある「至陰」というつぼにお灸をします。 お灸が苦手な方には鍼でも治療ができますが、お灸のほうが効果が高いです。

逆子の治療は子供の頭が骨盤にはまり込む「エンゲージ」状態になる妊娠36週を目指して行なうのが効果的です。 逆算して34週と35週にかけて4回程度の治療を勧めています。しかし胎児の姿勢が変則的(膝が伸びていたり、足が首に絡まる姿勢など)である場合は、治療の回数を毎日にします。この場合は自宅でもお灸をしてもらうように練習してもらいます。
また私の経験では39週目を過ぎてから逆子が戻った経験もありますので出産の日の最後まで希望があります。

英国では36週で逆子だと出産時の安全策の観点から帝王切開を勧る先生も多いです。 そのようなことも踏まえて、34週前後でのスキャンで逆子が分かった場合はお灸治療をお勧めします。 もちろん逆子体操や(猫のポーズやヒップアップの動き)も一緒にしたほうが効果的です。

メニューに戻る